03-4563-9644
Right Stuff Trade LLP (ライトスタッフトレード)

ずばり!<比較>

アメリカ製、カナダプロライト社製、ヨーロッパ製のトレーラー比較!

 

<牽引免許のトレーラー>

*ほぼ同サイズのトレーラーを選んで比較しています* 

**サイズ等の情報はメーカーホームページより直訳です**

アメリカジェイコ製

(J Flight SLX 7 184 BS)  

カナダプロライト社製

(MAX 21)

 フランスCARAVELAIR製

      (Antares 455 2017)               

長さ 660cm

662cm

641cm

車両外寸:216cm

室内内寸:xxxxxxx

 

 

 

特徴: タイヤハウス部分が室内にでっぱっているためこの分床面積が狭くなる。

 

 

このモデルは、幅250cmギリギリで作られている車両よりもやや幅狭だが、この寸法ではヘッド車のミラーをエクステンドしなければ後ろをみることはできない。

トタン屋根のように平面が波をうっているので風の抵抗をもろにうける。車体の高さが高いため、これも風に刃向かうことになり、    前後、左右の揺れを非常に感じることになる。

 

車両外寸:248cm

(フェンダーtoフェンダー)

室内内寸:203cm 

スライドアウト時内寸:248cm

 

特徴:タイヤがトレーラーの外側についているため、室内にタイヤハウスのでっぱりがなくまたスライドアウト機能により室内を効率良く広く使うことができる。

 

車両本体は室内内寸程度なので、走行中にヘッド車のミラーから、少し顔を動かすだけで後ろをみることができ、走行が非常に楽。

外についているタイヤを不安に思う方もいるが、牽引数回ですぐになれる。そして、実はこのおかげで非常に安定した走行を実現している。タイヤの脱輪を怖がるよりも、風にあおられたときや走行中の揺れを重視するべき。トレーラーの横揺れ前後揺れは、ヘッド車に響くだけでなく、安全面からも考えなければならないこと。空気の流れだけではなく、安定した走行を緻密に計算されて、考えて作られている。

車両外寸:230cm

室内内寸:214cm

高さ

車両(エアコン含まず)

外寸:    290cm

室内内寸:185cm

室内内寸が低い。185cm身長の人が立つと、頭を天井にこする。

天井が低いと室内が狭く感じる

車両(エアコン含まず)

外寸:  256cm

室内内寸:203cm

天井が高いため、室内はさらに広く感じ、頭を天井にぶつける人は滅多にいない。

車両(エアコンのせれない)

ボディーが柔らかすぎて屋根にエアコンをとり付ける、物を載せることはできない。

外寸:  258cm

室内内寸:195cm

 

重さ

ドライ:1700kg 

実重量:2トン?!

車両総重量まで:残り200kg。

(水、排水、洋服、キャンピング用品等、全て合わせてあと200kgしか積めない)

軽量とうたっているが、それでも重い!!

ドライ:1339kg 

実重量:1440kg

車両総重量まで:残り400kg。

 ドライ:1250kg 

実重量:

車両総重量まで:残り120kg

(これではトレーラーに何ものせれない)

 一般的にヨーロッパ製はトレーラーの作りが柔らかい。このため、ドライ時の重さがいくら軽くても、積載能力が劣る。

屋根にエアコンをとり付ける、物を載せることはできない。

 

垂直荷重

165kg

ヘッド車への負担が大きい=燃費がわるい

112kg

 

ボディー

  

アルミ板

 

トタン屋根のような波あるアルミ板のため、風の影響をもろにうける。また、ぶつけた時等のへこみや傷がつきやすい。

UVの影響で変色しやすく、数年で黄色っぽくなる。また、溝の部分が黒くなりやすい。洗車が面倒。

 

フロント、リア、外壁、屋根 

オールファイバーグラス製 

フロントから屋根を通り、リアまで1枚のファイバーグラスで覆われているため、屋根につなぎ目がない。このため、トレーラーの強度が増すことと、雪や雨等に非常に強いつくりとなっている。

 

屋根の上に物をのせる、あるいは、人が乗ることはボディーがやわらかいのでできない。

 

 

以下工事中

以下工事中

以下工事中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Aluminum and fiberglass are the two main durable siding materials used in RVs of any size. While both are decent, it’s important to choose the one that best fits your lifestyle. Many people simply want an occasional vehicle to get away with the kids or friends. If you’re not driving in inclement weather or traveling extensively, aluminum may fit the bill. Aluminum is lightweight, easy to repair, and relatively inexpensive. Of course, if you do run into weather issues or have kids playing nearby, something as simple as hail or a basketball can cause expensive damage.

That’s not the case with fiberglass. This material is strong, durable, and provides a seamless fit which makes fiberglass travel trailers ideal. Doors and windows seal better to fiberglass, and the material offers better insulation than metal. So if you’re traveling in cnew weather, you’re likely to stay warmer in a fiberglass travel trailer, and if you’re traveling in the summer, you’ll be cooler. Worried about the kids playing too close to the camper? Not a problem with fiberglass travel trailers. They can hit the siding with a baseball bat and it won’t leave a dent. Of course, laminates peel off easier on the smooth finish, and fiberglass is more expensive than aluminum – an important consideration in today’s thrifty economy.